G-Column集Vol.26 美と健康編

IMG_20161103_133552

姿勢を改善するためには、 古い神経ネットワークを消去し、 姿勢維持や動き方の新しい適切戦略を獲得するために 制限のない状態をつくることが必要です。   身体のどこのどのような機能が制限となっているかを 評価する […]

G-Column集Vol.25 美と健康編

img_20161014_144928

・データベースによって裏付けられた知識 ・プロフェッショナルなスキルの知識 ・個人の過去の経験から得られた知識   セラピストやトレーナーはこれら3つの知識を バランスよく統合する必要があるのではないでしょうか […]

G-Column集Vol.24 美と健康編

img_20161003_194737

McGillらによると、 20分以上一定の姿勢でいると 関節の軟部組織に変性をきたし、 それを回復するには40分以上必要と言われております。   長時間に及ぶデスクワークは極力控えるべきなのは明白でしょう。 & […]

G-Column集Vol.23 美と健康編

img_20160917_203749

ほとんどの慢性的な痛みや反復性の傷害は、 ある一定のカラダの動かし方が原因で 患部に力がかかり過ぎた為に生じます。   歩いている時や仕事をしているときに、 カラダが実際はどんな動きをしているか、 その動きを筋 […]

G-Column集Vol.22 美と健康編

img_20160916_082725

日常生活中ばかりでなく、 健康の為にと思って行うスポーツや運動において 繰り返される動作。   これらは身体が適切に機能していなければ、 有害な影響を及ぼす可能性があることも 考えておかなければいけません。 & […]

G-Column集Vol.21 美と健康編

img_20160901_111927

腰痛などを含めた脊柱の機能不全を改善するには、 体幹部が腰椎ー骨盤のアライメントを適切に保持し、 且つ、不必要な運動を防ぐことが鍵となります。   その為には、 骨格の最良のポジションとそれぞれの筋の良好なバラ […]

G-Column集Vol.19 美と健康編

img_20160829_190317

私たちがまず身につけなければいけなのは、 いかなる動作中においても、 コアの筋肉がうまく体幹部のコントロールができるように働くこと。   シックスパック(バキバキの腹筋)を作ることではないのです。 この数百年の […]

G-Column集Vol.17 美と健康編

img_20160810_190008

もともと人間は、 現在とは全く違った条件に見合うように適応したため、 現代の食事や運動不足の生活に うまく対応するようにはできていません。 この生物学的進化と文化的進化のミスマッチが、 肩こり腰痛を始め、糖尿病や動脈硬化 […]

G-Column集Vol.15 美と健康編

img_20160806_194431

ヒトのカラダは左右非対称的な構造となっています。 それによって機能的パターンも左右非対称となり、 “歪み”を生み出すのです。   このような背景から、 海外ではダイエット目的にしても 左右対称的なトレーニングは […]