G-Column集Vol.17 美と健康編

img_20160810_190008

もともと人間は、 現在とは全く違った条件に見合うように適応したため、 現代の食事や運動不足の生活に うまく対応するようにはできていません。 この生物学的進化と文化的進化のミスマッチが、 肩こり腰痛を始め、糖尿病や動脈硬化 […]

新メニュー追加のお知らせ

img_20160808_115303

これまでG.tailでは、 90分のオリジナルパーソナルセッションのみのメニューで行ってきました。 – しかしこの度、 新しく2つのメニューを追加いたしました。 – ①オリジナルパーソナルセッショ […]

キッズスペースの設置完了!!

dscn0104

今月でG.tailがOPENして4カ月となりました。 ‐ 二子玉川という土地柄、 街に出ると子連れの家族がよくみられます。 ‐ そこで当サロンでも 安心してお子様連れで起こしいただけるように、 キッズスペースを完備するこ […]

G-Column集Vol.15 美と健康編

img_20160806_194431

ヒトのカラダは左右非対称的な構造となっています。 それによって機能的パターンも左右非対称となり、 “歪み”を生み出すのです。   このような背景から、 海外ではダイエット目的にしても 左右対称的なトレーニングは […]

ダイエットなど美と健康を指導する者のスタンス

img_20160803_114344

ダイエットや姿勢の改善、痛みの解消を目指す トレーナーやセラピスト(以下T&T)が最も優先すべき目標とは いったい何なのでしょうか? ‐ もちろんクライアントが望む理想を実現する、 という回答に間違いはないでしょ […]

G-Column集Vol.14 美と健康編

img_20160728_182018

私たちヒトは、 苦痛を感じることで“痛み”自体が問題の根幹だと認識してしまう。   “痛み”とは信号であり、 信号がなくなった後も問題が残っている可能性があることを、 理解しなければならないのです。 &nbsp […]

G-Column集Vol.13 美と健康編

img_20160720_192758

基本的な動作がパターンとして記憶されるには、 動作を繰り返し反復することが不可欠です。 そして私たちは、 真の機能的パターンの連動性を 認識することを可能にしているのが、 “脳”であると理解する必要があるのです。 求めら […]

G-Column集Vol.12 美と健康編

img_20160714_152401

EricssonとSmithによると専門的技能とは “適切な時に適切なことを実行する能力を持つこと” と定義しています。   つまり、 主観にとらわれルーティンワーク的に作業をこなす者は、 専門家とは言えない。 […]

G-Column集Vol.11 美と健康編

img_20160707_204950

ヒトは痛みによって動き方が変化し、その変化の仕方は予測ができません。 一度痛みによって動き方が変化すると、 本来持っていた筋力、・筋持久力・柔軟性が発揮できなくなります。 よって、 5年後10年後の不良姿勢や体型の崩れの […]