Q&A #2

インスタ用01

インスタ用1A

Answerの前半部分は誰もが納得ですね

ダイエット中のモチベーションが高い期間、
あるいは誰かに管理・強制されていたうちは継続できていたことが、
その後できなくなればリバウンドするのは当たり前です

問題は後半の“ダイエット抵抗システム”でしょう

このシステムは私たち人類の祖先たちが生活していた厳しい原始時代の環境を反映しています

常に飢餓や食物不足との戦いだった祖先たちにおいて、
体重が減り始めるのは死へのカウントダウンを意味していました

そこでダイエット抵抗システムの出番となるわけです

すなわち
これ以上体重が減るのを防ごうと脳が判断して
全身の代謝レベルを下げて体を節約モードに切り替えます
※このことは研究で証明されてます

原始時代には大いに役に立ったこの生存システムが
現代の裕福な時代を生きるダイエッターには逆効果として働くのです

対策としては
過度なストレスのかかるダイエット方法は避けて
あまり短期間で劇的な減量を目指さないことです

さらに体重など体の変化だけでなく
感情や欲望などの心の変化にも目を光らせ
他人とは比較せずに自分のペースでダイエットに取り組みましょう!

短期間の劇的なダイエット法で一度成功し
その後何年も維持できる人も中にはいるのも事実

しかしそれは例外です

あなたが例外の可能性もありますが
果たしてその狭き門に通る見込みにかける価値はあるでしょうか?



■神尾健太の長編ブログはこちらから■

カテゴリー#BEAUTY

カテゴリー#DIET

カテゴリー#FOOD EDUCATION

カテゴリー#FOR MOTHERS

カテゴリー#HEALTH CARE

カテゴリー#MIND SET

カテゴリー#MY PHILOSOPHY



■神尾健太のパーソナルトレーニングを受けるにはこちらから■

G.tailホームページ

■G.tail公式Instagram■

➡こちらから

■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ